株式会社キョウワデバイス
     

会社概要
会社理念
沿革
本社・工場
展示会出展情報

キョウワデバイスの沿革

1947年2月 金田錫吉個人で電気用品製造業を開始
1951年11月 品川区荏原に転出、金型部門新設
1954年5月 資本金100万円の「共和電器株式会社」に改組
1960年10月 宇都宮工場新設、操業開始
1962年12月 通産省に配線器具事業登録
1974年6月 第8回の増資で現資本金1億円となる
1985年4月 生産管理システム導入
1987年7月 宇都宮工場成形工場増築、CADシステム導入
1988年3月 社長に金田隆王就任
1990年12月 本社工場成形部門を宇都宮工場へ移転統合
1991年3月 宇都宮工場組立ライン増設・新CAD/CAMシステム導入・金型部門増設
2000年8月 ISO9001認証取得
2000年10月 社名を「株式会社キョウワデバイス」に改名

2002年4月
2011年8月

新社屋へ本社移転
ISO14001認証取得



生産設備
合成樹脂用射出成形機
NADEM1800-DM(180TON) 1台
SE-100D(100TON) 1台
M-100B-DM(100TON) 2台
M-70C-DM(70TON) 1台
M-70AU-DM(70TON) 1台
SE-50DV(50TON) 2台
IR100EN-5A(100TON) 2台
M-100C-TS(100TON) 1台
M-100B-TS(100TON)  1台
機械プレス
OBS-45-2(45TON) 1台
OBS-35-2(35TON) 3台
フォーミングマシン
RF-20 1台

端子台自動組立機
端子台自動組立機

Copyright (C) KYOWADEVICE CO.,LTD. 2010